一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際エネルギー機関、インドは新たなエネルギー未来を構築するチャンスと報告

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2021.02.25 【情報源】国際機関/2021.02.09 発表

 国際エネルギー機関(IEA)は、インドがクリーンエネルギーへの移行を加速させる政策や投資について分析した特別報告書「インド・エネルギー展望2021」を公表した。エネルギー消費が世界第3位の同国は、経済成長、工業化、人口増加により今後20年で世界最大のエネルギー需要増が見込まれ、エネルギー輸入のコスト高や大気汚染温室効果ガス排出等の問題を回避し、安価で安定した持続可能なエネルギーを確保することが重要だという。同国の電力部門は現在、政策と結びつき太陽光発電が急速に拡大しているが、輸送・工業部門(道路貨物、鉄鋼、セメント等)の持続可能な発展は他国と同様に極めて難しい。現行政策では2030年代後半にはCO2排出量の約60%は現在存在しないインフラや機械が排出源となり、持続可能な方向に進むには、広範な電化や原料・エネルギーの効率化、低炭素燃料への転換等が必要だという。今後20年で必要となるクリーンエネルギー技術への追加資金は1.4兆ドルで、現行政策より70%高くなるが、その利益は同規模の石油輸入額の節約など膨大と分析。また輸入燃料への依存はエネルギー安全保障の面でもリスクになるという。
国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース