一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 連邦内閣が昆虫保護とグリホサートの廃止の法令化に向け連邦自然保護法改正案を承認

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2021.02.26 【情報源】ドイツ/2021.02.10 発表

 ドイツ連邦内閣は、連邦自然保護法改正第3次法案を承認した。これは、昆虫保護とグリホサートの廃止を規定する法令の制定を可能にするもの。法案は、草原果樹園や多様な種が生息する草原などのビオトープを昆虫のための生息空間として保護すること、そして夜行性昆虫を光害から保護することを規定している。さらに連邦内閣は、連邦農業省が提案した農薬使用令改正案も承認した。この改正案では、グリホサートの使用を厳格に制限し、2023年末までに完全に禁止する他、保護地域では他の農薬の使用も禁止され、さらに水域周辺における農薬の使用の禁止も規されている。
【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース