一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

欧州環境庁、気候変動への適応はEUの農産物輸入の途絶リスクを避ける鍵と報告

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2021.03.02 【情報源】EU/2021.02.11 発表

 欧州環境庁(EEA)は、気候変動が欧州への農産物供給に与える影響を分析したブリーフィングを公表し、欧州における農産物輸入の途絶リスクを回避するには、生産国における気候変動適応の取組を支援することや貿易を多角化することが重要だと報告した。主な報告内容は次の通りである。
 ・気候変動は欧州を含む世界の農業に影響を与えるとみられ、作物の栽培条件等が変わり生産高の変動幅が大きくなるなどして農産物の価格や貿易、地域市場に影響が出る。
 ・欧州は、穀物や野菜をほぼ自給自足で賄えているが、熱帯産品や飼料、加工用の農産物については、限られた国や気候変動の影響を受けやすい国からの輸入に依存している。
 ・環境保護を重視した農業政策をとる国との貿易に門戸を開いてより多くの国から輸入したり輸入農産物の多様化を図ったりすること、また環境負荷の高い農産物に対する需要を減らす政策などにより、農産物の供給が途絶えるリスクを減らし得る。
 ・EUは、農産物の生産国における気候変動適応のための能力構築に対して支援を強化する必要がある。
【欧州環境庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース