一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)日本語版を作成

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2021.04.09 【情報源】環境省/2021.04.08 発表

 環境省は、生物多様性戦略計画2011-2020及び愛知目標の最終的な達成状況について分析した『地球規模生物多様性概況第5版』(Global Biodiversity Outlook 5。「GBO5」。昨年9月に生物多様性条約事務局から公表。)の日本語版を作成し、環境省ウェブサイトに掲載した。
 GBO5では、愛知目標のほとんどの項目についてかなりの進捗が見られたものの、20の個別目標で完全に達成できたものはないこと、2050年ビジョン「自然との共生」の達成は、生物多様性の保全・再生に関する取組のあらゆるレベルへの拡大、気候変動対策、生物多様性損失の要因への対応、生産・消費様式の変革及び持続可能な財とサービスの取引といった様々な分野での行動を、個別に対応するのではなく連携させていくこと、などが必要と指摘している。
 また、国内の生物多様性生態系サービスの状況については、令和3年3月19日に「生物多様性及び生態系サービスの総合評価2021(Japan Biodiversity Outlook 3。「JBO3」。)の政策決定者向け要約報告書を公表した。今回、JBO3の詳細版報告書を環境省ウェブサイトに公表した。
 
 『地球規模生物多様性概況第5版』「GBO5」日本語版
 http://www.biodic.go.jp/biodiversity/about/library/files/gbo5-jp-lr.pdf


 『生物多様性及び生態系サービスの総合評価2021』「JBO3」
 http://www.biodic.go.jp/biodiversity/activity/policy/index.html


【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク