一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

2019年度(令和元年度)の温室効果ガス排出量(確報値)を公表

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.04.14 【情報源】環境省/2021.04.13 発表

 環境省と国立環境研究所は、2019年度の国内の温室効果ガス排出量(確報値)を取りまとめ公表した。
 2019年度の温室効果ガスの総排出量は12億1,200万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比2.9%減(2013年度比14.0%減、2005年度比12.3%減)であった。
 前年度からの減少要因としては、エネルギー消費量の減少(製造業における生産量減少等)や、電力の低炭素化(再生可能エネルギーの導入拡大)に伴う電力由来のCO2排出量の減少等が挙げられる。
 一方で、冷媒におけるオゾン層破壊物質からの代替に伴う、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量は年々増加している。

 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース