一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

イギリス環境・食糧・農村地域省、リサイクル促進のための新たな計画を発表

ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)】 【掲載日】2021.05.26 【情報源】イギリス/2021.05.07 発表

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、リサイクルを促進し、環境を保全する新たな計画のもと、一貫性のあるリサイクル収集をイングランドの全世帯に提供すると発表した。この計画には、ゴミやリサイクル収集に関する新しい最低サービス基準の法定指針が盛り込まれており、これにより、2023年より毎週全世帯の食品廃棄物が収集されるとともに、少なくとも2週間に1回の残留ゴミ(資源化努力のあとに残るゴミ)の収集が推奨されることになる。さらにDEFRAは、すべての地方自治体や廃棄物会社が家庭や企業から回収する必要があるプラスチックや金属などの材料の一覧を作成し、リサイクルの簡素化にも乗り出す。この措置により、2035年までに少なくとも一般廃棄物の65%をリサイクルし、埋め立て処分されるゴミを10%以下に抑える「資源廃棄物戦略」、及び、2050年までに発生抑制及びリサイクル可能なあらゆる廃棄物をなくすという同国の目標達成を支援する。この計画は、リサイクルを促進してプラスチック汚染との戦いを強化し、ゴミ問題に取り組むという政府の広範に及ぶ主要な廃棄物改革プログラムの一環である。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース