一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

関東地方におけるニホンジカの密度分布図を作成

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2021.05.18 【情報源】環境省/2021.05.17 発表

 環境省は、ニホンジカの全国的な生息状況の動向を把握し、科学的・計画的な鳥獣の管理を推進するため、関東地方におけるニホンジカの密度分布図を作成し公表した。
 
 ニホンジカについては、近年の急速な生息数の増加や生息域の拡大により、自然生態系、農林水産業及び生活環境に深刻な被害を及ぼしている。
 現在、捕獲による個体群管理が進められているが、広域的な観点から科学的・計画的に管理を推進するためには、ニホンジカの生息状況を把握する必要があることから、各都県からデータ提供を始めとした協力を受け、関東地方におけるニホンジカの密度分布図を作成した。

 今回作成した密度分布図は、令和2年度当初の推定値によるもの。
 今回作成した密度分布図によると、千葉県南部、栃木県及び群馬県の県境部、山梨県や静岡県の一部地域で生息密度が高い状態にあると推定される。
 前回調査を実施した平成26年度当初の密度分布図と比較すると、静岡県や群馬県の西部地域などで生息密度が上昇傾向にあることが示唆された。
 
 今後は、全国へと調査範囲を広げ、密度分布図の作成を進めていく。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース