一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ガンカモ類の生息調査(全国ガンカモ一斉調査)の結果発表(速報)

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2021.05.31 【情報源】環境省/2021.05.28 発表

 環境省は、ガンカモ類の冬期生息状況の把握を目的とした、ガンカモ類の生息調査(「全国ガンカモ一斉調査」)をしている。
 1970年から毎年1月に各都道府県の協力を得て実施しており、今年が52回目。
 全国約8,600地点において、ボランティアなど約3,500人の協力を得て2021年1月17日頃に実施した。
 その結果、全国でハクチョウ類:約6万8,500羽(4種)、ガン類:約11万3,700羽(8種)、カモ類:約144万3,900羽(29種)が観察された(暫定値)。
 10年前の調査と比較し、総数で約15%の減少となった。
 
 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース