一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

大分県、森と海をつなぐ環境保全推進事業を募集

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2021.06.25 【情報源】地方自治体/2021.06.02 発表

 大分県では、地区自治会、NPO等の団体が、ボランティア活動により海岸の漂着流木等の処理を行う場合に、必要な経費の一部を補助する「森と海をつなぐ環境保全推進事業」の助成対象を募集している。
 近年、上中流域の荒廃森林などから流出した流木等が大量に海岸に集積し、下流域住民の生活、経済活動の障害となっているが、撤去のための重機による回収、流木の切断、処理施設への搬送等には多大な人出と経費が必要となり、下流域の住民や市町村だけでの対応は困難になってきているため、のボランティア活動を行っている団体に対し、かかった費用の補助を行う事とした。

 補助対象事業の概要は次のとおり。
 1.流木等の片付け
  (1) 現地における流木等の収集、分別、保管等
  (2) 収集した流木等の運搬・処分 
 2.啓発・連絡活動
  (1) 海岸の環境保全を目的として実施する環境学習会、海岸ごみの発生抑制を目的とする啓発活動
  (2) 事業実施のための打合せ、ボランティア参加者募集の広報啓発、連絡調整等
 3.その他
  森と海をつなぐ環境保全の意識の醸成を推進するために知事が特に必要と認めるもの
【大分県】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク