一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

国立環境研究所、孫は祖父母が遭遇しないような暑い日と大雨を何度経験するのか? の研究を発表

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.06.24 【情報源】国立環境研究所/2021.06.11 発表

 国立環境研究所、京都大学、立命館大学の研究チームは、気候モデルによる気候変動予測データを解析し、祖父母世代が経験しないような暑い日および大雨(1960〜2040年で最大の日最高気温および日降水量を超えるもの)をその孫世代が生涯(2020〜2100年)で経験する回数について推計し、排出シナリオ別・地域別にその比較を行った。
 気候変動の緩和がうまく進まないシナリオでは、熱帯の一部地域で祖父母世代が生涯に経験したことのないような暑い日を孫世代が一生涯に 1000回以上(日本では400回程度)、大雨の日を5回以上(日本では3回程度)、それぞれ経験しうることが示された。
 
 さらに現状の一人当たりGDPや一人当たりCO2排出量と極端気象現象の経験回数の対比を行い、特に現状の一人当たりGDPや一人当たりCO2排出量が小さな国々で、高温・大雨をより多く経験する傾向があることを示した。

 詳細はプレスリリースを参照

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース