一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

富士急、トーマスランド内で提供する食事の容器やカトラリーを脱プラスチック化

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.07.07 【情報源】企業/2021.06.16 発表

 株式会社富士急ハイランドでは、環境保護に向けた取り組みの一環として、2021年7月17日(土)より、トーマスランド内のレストランやショップにて提供しているプラスチック製の消費材を、適正に管理された森林から産出した木材をつかった「FSC認証」を受けた紙・木製品や植物由来の製品等に全面切り替えする。
 この取り組みは、富士急グループが掲げるSDGsビジョン「2030年までに、環境目標を『負荷ネットゼロ&貢献とし、富士山エリアを『リゾートシティ』とする、持続可能な地域社会を実現する」に基づくもので、富士急ハイランドでも、ストローを紙製に変更(2019年3月)、レジ袋の有料化(2020年4月)など、プラスチックごみの削減に積極的に取り組んできた。今回の全面切り替えにより、年間約4.5トンのプラスチックを削減、CO2排出量換算で約21.5トンの削減ができる見込み。
 これに合わせ、夏休み期間中には、子どもたちが楽しみながら環境についての理解を深められるワークショップ等の実施も予定しており、年内にはトーマスランド内で販売しているミネラルウォーターも紙容器に切り替える予定となっている。
 この他にもトーマスランドでは、レジ袋の削減に向けたエコバッグの販売や、自宅に持ち帰ってリユース可能な容器で食事メニューを提供するなど、使い捨て商品の削減に取り組んでいる。
 また、富士急ハイランドではWEBチケットや公式アプリの導入等IT化を推進することで、毎年100万枚以上刷っていた園内MAPをはじめ、大幅な紙資源の削減を図っている。
 今後も富士急ハイランドでは、“脱プラスチック”をはじめとした環境保護の取り組みをさらに加速していく、としている。
【富士急行株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース