一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

大和ハウス、森林破壊ゼロの達成に向けた木材調達の方針を策定

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2021.07.07 【情報源】企業/2021.06.16 発表

 大和ハウス工業株式会社は、2030年までに建設する建物における木材調達に伴う森林破壊を根絶するため、4つの方針を策定した。
 同社グループは環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」に基づき、創業100周年となる2055年までに、グループ、グローバル、サプライチェーンを通じて「環境負荷ゼロ」の実現を目指している。
 その重点テーマの一つとして、自然環境との調和を掲げており、その中で2030年までに建設する建物における木材の調達に伴う森林破壊をゼロにし、2055年までに全事業における材料調達による森林破壊を根絶することを目指す。
 このほど同社グループは「森林破壊ゼロを掲げるサプライヤーからの木材購入」や「原産国における先住民、労働者の権利、安全に配慮した木材を取り扱うサプライヤーからの調達」など木材調達における方針を策定した。
 ●大和ハウスグループの木材調達における森林破壊ゼロ方針
  1.森林破壊ゼロを掲げるサプライヤーから木材を購入
  2.原産国における先住民、労働者の権利、安全に配慮した木材を取り扱うサプライヤーから購入
  3.トレーサビリティが確保された木材を購入
  4.調達先調査の範囲拡大
【大和ハウス工業株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース