一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ 改正大気汚染防止のための技術指針を採択

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2021.07.09 【情報源】ドイツ/2021.06.23 発表

 ドイツ連邦内閣は、改正大気汚染防止のための技術指針(TA Luft)を採択した。これにより汚染物質排出に関して認可を必要とする技術的設備の基準が厳格化し、廃棄物処理場、化学工場や金属生産設備、セメント工場、食品産業の大型施設など約5万の施設が影響を受け、さらにバイオガス設備、ペレット製造工場、シュレッダー工場なども、新たにTA Luftの対象となる。また、住民を汚臭から保護することを目的にした新たな規制も定められ、さらに大規模な畜産施設に対しては、今後、排気中のアンモニアや粉塵の70%をろ過することが求められる。また、技術施設の承認に向けた試験手続きの手順が改正され、EU基準と同様となる。
【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース