一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

欧州環境庁、2020年に欧州で新車登録された乗用車・バンのCO2排出量は減少と速報

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.07.15 【情報源】EU/2021.06.29 発表

 欧州環境庁(EEA)は、2020年に欧州で新車登録された乗用車とバンの平均CO2排出量が前年より減少したと速報した。同庁の速報値によると、2020年にEU及びアイスランド、ノルウェー、イギリスで新車登録された乗用車の平均CO2排出量は2019年より12%(14.5g/km)少ない107.8g/kmとなり、2016年以降で初めて減少した。2020年の乗用車の新車登録台数に占める電気自動車の割合は約11%と、2019年の約3.5%から3倍に増えている。また、2020年に同地域において新車登録されたバンの平均CO2排出量は2019年より1.5%(2.3g/km)少ない157.7g/kmとなった。2020年のバンの新車登録台数に占める電気自動車の割合も約2.3%と、2019年の1.4%から増加している。排出ガス試験については、2017年以降、これまでの欧州独自の試験方法に代わり、世界的に統一され、より実走行に即した測定結果が得られる国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)が導入されている。
 【欧州環境庁源】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース