一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

東レ、物流環境大賞「サステナブル活動賞」を共同受賞

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.07.26 【情報源】企業/2021.06.30 発表

 東レ株式会社は、ユーピーアール株式会社(upr)のアクティブRFIDタグを搭載したスマートパレット(R)を業界で初めて利用した取り組みにおいて、一般社団法人日本物流団体連合会が主催する「第22回物流環境大賞」の「サステナブル活動賞」をuprと共同で受賞した。
 東レは、uprが開発したアクティブRFIDタグを搭載したスマートパレット(R)を利用して、東レ製品の一貫パレット輸送を実現した。これにより、トラック運転者の手荷役を大幅に解消し、労働環境の改善と物流の生産性を向上させた。同時に、パレットの追跡が可能となったことで、効率的なパレット回収網を確立することができ、CO2排出量の削減(年間換算197t-CO2)も実現した。環境負荷や運送会社の負荷低減に貢献したことが評価され、この度サステナブル活動賞の受賞に至った。
 東レは、今後も関係先との連携をさらに深め、流通過程における環境負荷低減に十分に配慮した「グリーン物流」を推進し、物流におけるCO2排出量の削減に取り組んでいく、としている。
【東レ株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース