一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

あきる野市、小宮ふるさと自然体験学校主催「森っこサンちゃんクラブ」開催

環境学習 こどもの環境学習】 【掲載日】2021.08.03 【情報源】地方自治体/2021.07.15 発表

 あきる野市は、森に包まれた清流「養沢川」のほとりに立つ「小宮ふるさと自然体験学校」を拠点に、自然を五感で感じる自然体験イベントを「森っこサンちゃんクラブ」として開催している。
 第65〜71回は、新型コロナウイルス感染症対策により中止となったが、次の第72回は8月29日(日曜日)「川の生きもの観察」を予定。

 「森っこサンちゃんクラブ」は、小宮ふるさと自然体験学校が主催する個人向け自然体験イベントで、豊かな自然環境を有するあきる野市ならではの自然体験を、自然と触れ合うことが少なくなっている市内の子ども達に向けて実施している。
 過去には「飯ごう炊さんとドラム缶風呂沸かしから火を安全に扱う体験」、「混み合った竹を切り倒し、その竹を利用して鳥の巣箱をつくる体験」、「生き物探しや飛び込みなどをしながら、自然の生きものと触れ合い、川の魅力を感じる体験」、「さなレンガのかまどで、竹筒を使ってパンを焼く体験」「森の植物を活用した物づくり体験」などを開催し、さまざまな体験を通して楽しみながら自然と親しむプログラムを用意している。
【あきる野市】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース