一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

カネカ、自社開発の生分解性ポリマーGreen Planet(TM)がファミリーマートのスプーンに採用

エコビジネス 環境マネジメント】 【掲載日】2021.08.02 【情報源】企業/2021.06.22 発表

 株式会社カネカの「カネカ生分解性ポリマーGreen Planet(TM)」が、株式会社ファミリーマートのスプーンに採用された。Green Planet(TM)のカトラリー用途での採用は国内初となる。主に弁当や丼、スープ向けスプーンとして、6月22日より、ファミリーマートのコンビニエンスストアブランド「ファミマ!! 」の首都圏約40店舗の一部店舗にて順次導入される。
 ファミリーマートは、環境問題をはじめとする社会課題の解決や持続可能な社会の実現に貢献するため、中長期目標「ファミマecoビジョン2050」を策定し、そのテーマの1つとして、容器や包材に環境配慮型素材を使用する取り組みを進めており、Green Planet(TM)の環境負荷低減に貢献する点が評価され、4月に導入開始されたストローに続き、スプーンに今回採用となった。
 カネカでは「カネカは世界を健康にする。KANEKA thinks ”Wellness First”.」という考えのもと、ソリューションプロバイダーとしてグローバルに価値を提供しており、今後もGreen Planet(TM)の展開を通じて環境汚染問題の解決に貢献していく、としている。
【株式会社カネカ】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース