一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

大分市、佐賀関地域で低速電動バス「グリーンスローモビリティ」の実験運行を実施

エネルギー 燃料電池】 【掲載日】2021.08.12 【情報源】地方自治体/2021.07.20 発表

 佐賀関地域において、窓ガラスが無く開放感のある低速電動モビリティ「グリーンスローモビリティ」の実験運行を、2021年7月12日(月曜日)から実施しており、買い物や通院などの日常の移動や、路線バスやフェリーなどと乗り継ぐ観光利用など、外出の際の利用を呼びかけている。
 また、7月21日から8月18日の間の毎週水曜日は、佐賀関支所から関崎海星館を結ぶルートでも実験運行を行う。

 運行期間
  令和3年(2021年)7月12日(月曜日)〜令和4年(2022年)3月31日(木曜日)の間の平日
  停留所での乗り降りが可能なほか、自宅や目的地の前などで自由に乗降が可能なフリー乗降で運行する。
 乗車定員
  11名(先着順・予約不可)
 利用料金
  無料
【大分市】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース

関連リンク