一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

商船三井テクノトレード、水素燃料内航貨物船の導入及び実装の共同検討の開始

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2021.09.28 【情報源】企業/2021.08.30 発表

 商船三井テクノトレード株式会社ら5社は、水素を燃料とした貨物船舶の導入により、地球環境に配慮した次世代型内航船の商用運航を共同で検討していくための基本合意書を締結した。
 国土交通省の主導により、内航海運においては地球温暖化対策計画で 2030年度までにCO2排出量 157万トン削減(2013 年度比)を目標に掲げ、省エネ船舶の普及を図っている中で、内航船舶のカーボンニュートラル化の重要な取組課題の一つである水素燃料貨物船の実用化へ向けて検討を行い、内航海運により排出されるGHGの削減を目指す。


【商船三井テクノトレード株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース