一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

三菱ケミカル、リサイクル特性と遮炎機能を持つ熱可塑性複合材料(FRTP)を開発

ごみ・リサイクル リサイクル】 【掲載日】2021.10.21 【情報源】企業/2021.09.21 発表

 三菱ケミカル株式会社と、子会社である三菱ケミカルアドバンスドマテリアルズ株式会社は、遮炎機能と、高い生産性やリサイクル性を両立した熱可塑性複合材料(Fiber-reinforced Thermoplastics、FRTP)を開発したことを発表。
 近年、気候変動対策として、CO2排出削減に向けた取り組みが進む中、モビリティの分野では電動化の動きが加速しており、EVに代表される電動モビリティのバッテリーシステムは、搭乗者の安全を確保するための高い遮炎性と、省エネのための軽量化が求められている。従来、難燃機能の付与が比較的容易であり、軽量化を実現できる熱硬化性複合材が使用されてきたが、生産サイクルが長いこと、リサイクル性が低いことが課題となっていた。
 開発品は、同社グループが有する繊維や樹脂、バッテリーシステムに関する技術・ノウハウを結集し、熱可塑性樹脂をベースに繊維や樹脂の組成を工夫することで、強度・剛性や軽量性と加工性、リサイクル特性を両立させた製品であり、加えて難燃機能も向上させ、実験では1,000℃以上の火炎を5分以上遮炎することを確認しており、現在、一部の顧客との間でサンプルワークを進め、バッテリーパックの外装など用途開拓にも取り組んでいる。
【三菱ケミカル株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース