一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ 第2回目となる人工知能(AI)活用プロジェクトへの支援を開始

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2021.10.29 【情報源】ドイツ/2021.10.20 発表

 ドイツ連邦環境省(BMU)は、2019年に開始した資金調達プログラム「環境・気候・自然及び資源のための人工知能(AI)プロジェクト」の新たな募集が開始したことを公表した。2025年まで約6600万ユーロの資金が提供される。今回の資金調達の募集では、温室効果ガス排出の削減または回避を可能とする人工知能の活用方法を開発するプロジェクトと高いエネルギー効率と資源効率を持つ人工知能システムとそのインフラストラクチャー設計の支援が優先事項として挙げられている。2019年に実施された第1回の募集では合計約300件のアイデアが提出され、支援額が約2,800万ユーロとなる28件のプロジェクトが承認された。
【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース