一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際エネルギー機関、G7の温室効果ガス排出量実質ゼロへ向けた新たな報告書を発表

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2021.11.04 【情報源】国際機関/2021.10.20 発表

 国際エネルギー機関(IEA)は新たな報告書「G7における電力部門温室効果ガス排出量実質ゼロの達成」を発表した。報告書によれば、G7各国は2035年までに電力供給を完全に脱炭素化するうえで優位にあり、2050年の温室効果ガス排出量実質ゼロへ向けて、世界のエネルギー市場の牽引に必要な技術革新やインフラ導入を促進する。G7ではすでに石炭からクリーンエネルギーへの移行が進行中で、2007年にG7のエネルギー関連排出量の5分の2を占めていた電力部門は、現在は3分の1に減少。2020年のG7の主要電源は、天然ガスと再生可能エネルギーがそれぞれ30%、原子力と石炭がそれぞれ約20%となっている。
 また電力の脱炭素化によって、G7では今後10年で260万の雇用が創出される一方、化石燃料発電所で30万の雇用喪失が見込まれ、個人や地域への影響を最小限にするため、強力かつ長期的な政策が必要となるという。
 この報告書は、IEAの「2050年温室効果ガス実質排出量ゼロへ向けたロードマップ」に基づくもので、グラスゴーにおけるCOP26での議論に情報を提供するために策定された。
国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース