一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

商船三井、琉球大の産学官連携プロジェクト“Ocean180”に参画、船舶データの提供や海洋生物ビッグデータのプラットフォーム構築・事業化に協力

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2021.12.17 【情報源】企業/2021.11.15 発表

 株式会社商船三井は、国立大学法人琉球大学理学部海洋自然科生物系 久保田康裕教授が中心となって進める「海の豊かさを守る」ための産学官連携プロジェクト”Ocean180”に参画し、船舶データの提供や海洋生物ビッグデータのプラットフォーム構築・事業化に協力することとした。
 同プロジェクトは、海洋⽣物ビッグデータと統計モデルや人工知能(AI)を基に、海の生態系を見える化し、大学等研究機関・市民・行政・企業・金融機関と協働して「海の豊かさを守る」ための長期プロジェクトとなる。”Ocean180”というプロジェクト名は、劣化する海の状況を反転し改善させるという願いをこめた名称で、生物多様性ビッグデータ分析を基にした実効性のある海の保全再生アクションを推進する。
【株式会社商船三井】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース