一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

欧州環境庁、EUはフッ素系温室効果ガス(Fガス)削減へ向け着実に前進と報告

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.12.20 【情報源】EU/2021.12.02 発表

 欧州環境庁(EEA)は、EU(イギリス含む)のフッ素温室効果ガス(Fガス)の2007〜2020年の供給状況について報告した。EUは、2014年制定のFガス規則に基づき、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出を2030年までに2014年の3分の1まで段階的に削減する。
 2015〜2019年に減少を続けていたFガス供給量は、2020年にわずかに増加したが、割当余剰分の輸入業への付与が少なかったため全体としてFガス規則の定める上限値を4%下回った(2019年は2%)。消費量も2020年に前年比7%増加したが、モントリオール議定書のキガリ改正が義務付ける上限値を52%下回る。冷媒需要は引き続き旺盛だが、代替品への転換が進み、HFC需要は減少を続ける。割当量は完全消化されずに需要を満たすことができた。割当の余剰分は、HFC充填機器の上市事業者に付与されるが、これも余剰が年々積み上がり、現在は2020年輸入分の7倍のストックがある。諸データは、EUのHFC削減へ向けての着実な進捗を示す。
【欧州環境庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク