一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

韓国環境部、新たに産業用プラスチックフィルムなどプラスチック製品15品目にリサイクルを義務化

ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)】 【掲載日】2022.05.23 【情報源】韓国/2022.04.26 発表

 韓国環境部(ME)は、「資源の節約・リサイクルの促進に関する法施行令」の一部が改正され、新たに産業用プラスチックフィルムなどプラスチック製品15品目にリサイクル義務が課せられると発表した。これらは、従来「リサイクル困難」とされ、リサイクル義務ではなく廃棄物処理の負担金を課せられていた。産業用プラスチックフィルムと交換用浄水フィルターは2022年から、他の13品目(転落防止ネット、ロープ、漁網、ポリエチレン管、ポリ塩化ビニル製品、ポリプロピレン製日用品、パレット、プラスチック製かご、窓・ドア枠、床材、建物の断熱材、送電線・通信回線、自動車メンテナンス用品等)は2023年から適用される。品目別にリサイクル率が定められ、未達成の場合は過料が課せられる。産業用プラスチックフィルムは年間出荷量の55%、交換用浄水フィルターは71%で、他の13品目については2022年後半に発表、2023年から適用となる。年販売額10億ウォン未満の製造者と年輸入額3億ウォン未満の輸入者は、2025年まで義務を免除される。
【韓国環境部】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース