一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

欧州環境庁、循環型の商品やサービスの需要創出に消費者が重要な役割を果たしうると報告

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2022.06.02 【情報源】EU/2022.05.17 発表

 欧州環境庁(EEA)は、消費者が循環型の商品やサービスを選ぶか否かに影響を与える要因を分析し、循環型経済に向かう消費行動を促すような政策について検討した。EEAによると、生産者は製品需要の形成に多大な影響力を持つ。一方で、消費者の選択が製品サプライチェーンの上・下流において生産者側が行う決定を形作るなど、消費者は循環型経済の原則を取り入れた商品やサービスの需要創出に重要な役割を果たしうる。多くの場合、消費者の意思決定の鍵となるのは経済的要因だが、その他にも、製品の消費者ニーズの満足度、消費者が得られる情報、社会的要因、個人の選好や信念などの要因がある。EEAは、循環型経済に向かう消費行動を促す政策は、個人の行動を形作る要因に働きかけるように設計されれば最も効果があると論じ、税制優遇措置や補助金、法的拘束力のある規制、グリーンウォッシング(見せかけの環境配慮)対策、循環型の商品やサービスの利便性向上、エコラベルや対消費者施策を活用すること等、様々な政策的選択肢を検討する余地があるとしている。
【欧州環境庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース