一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

中国製植物性農業資材に合成殺虫剤混入か 販売・使用中止徹底を通知

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2004.09.03 【情報源】農林水産省/2004.09.03 発表

 農林水産省は平成16年9月3日、中国から輸入された「天然植物性濃縮液(製造業者:TIANJIN HUA NONG IMPORT & EXPORT CO.)」という農業資材に合成ピレスロイド系殺虫剤シハロトリンが混入されている可能性が高いことが判明したため、この農業資材と同一であると思われる資材の販売・使用中止を周知徹底するよう地方農政局に通知した。
 「天然植物性濃縮液」はマメ科の薬用植物であるクララの抽出物が主成分とみられているが、この資材を使用して育てたニラから、ニラへの使用が禁止されているシハロトリン0.13ppmが検出されたため、濃縮液そのものを分析したところ、三重県の分析で0.12%、財団法人残留農薬研究所の分析で0.14〜0.15%のシハロトリン含有が確認されたという。
 なお、この資材は個人輸入されたものであったため、日本での同一の資材が他に流通しているかどうかは現時点では不明。【農林水産省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク