一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

2004年の南極オゾンホールは「平均的な大きさ」の見込み

地球環境 オゾン層】 【掲載日】2004.09.14 【情報源】気象庁/2004.09.10 発表

 気象庁は2004年の南極オゾンホールは過去10年間の平均的な大きさにとどまるとの予測を9月10日付けで発表した。
 2004年の南極オゾンホールは8月下旬に出現したが、オゾン破壊を促進するマイナス78℃以下の領域の面積が過去10年間の平均とほぼ同様に推移していることや成層圏のオゾン層破壊物質量などから、「平均的な大きさ」と予想されたもの。【気象庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク