一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

化学物質と子どもの健康について国際シンポジウム開催へ

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2005.01.13 【情報源】環境省/2005.01.12 発表

 環境省は、化学物質と子どもの健康保護とに関する調査研究や施策についての情報交換の場として、平成17年2月24日に東京・港区の三田共用会議所で「小児等の環境保健に関する国際シンポジウム−こどもの健康と環境中の化学物質」を開催する。
 今回のシンポジウムは、スウェーデンで約3万人を対象に実施された「小児の生活環境と化学物質」に関する国民調査の担当者カタリナ・ヴィクトリン氏、ドイツ連邦環境庁のノルベルト・エングラート氏、米国環境保護庁ジャクリーヌ・モヤ氏らを招き、それぞれの国での化学物質と子どもの健康保護に関する研究の成果や施策内容を報告してもらうほか、内山巖雄・京都大学教授の司会による総合ディスカッションを実施する。
 参加希望者は申込書に必要事項を記入の上、独立行政法人国立環境研究所化学物質環境リスク研究センターまで郵送、FAX、電子メールのいずれかで17年2月17日までに申し込む必要がある。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク