一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

圧縮水素自動車用容器の高圧ガス保安対策に関する省令・告示案への意見募集開始

エネルギー 燃料電池】 【掲載日】2005.02.25 【情報源】原子力安全・保安院/2005.02.24 発表

 原子力安全・保安院は平成17年2月24日、圧縮水素自動車用容器の高圧ガス保安対策に関連する「容器保安規則」、「一般高圧ガス保安規則」、「コンビナート等保安規則」や関連告示の改正案を公表し、これらの案について17年3月22日まで意見募集を行うことにした。
 今回の改正は、産業界から要望されていた「圧縮水素自動車燃料装置用容器の機能性基準の例示基準化」、「同容器の再検査方法の合理化」、「同容器の再検査期間の見直し」、「液化水素運送自動車用容器の充てん率見直し」−−などの措置を実現化するためもので、有識者調査委員会での措置の安全性評価結果を踏まえている。
 このうち、「容器保安規則」改正案では容器の刻印、表示方法の規定整備、容器再検査期間の変更を行うとしたほか、「一般高圧ガス保安規則」改正案では、圧縮水素運送自動車用容器の製造設備、容器移動の技術基準、容器貯蔵方法を新設するとしている。
 意見は郵送、FAX、電子メールで受付けている。【原子力安全・保安院】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク