一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

水俣病の教訓を伝えるための普及啓発セミナーを東京で開催へ

健康・化学物質 公害予防/被害】 【掲載日】2008.02.07 【情報源】環境省/2008.02.07 発表

 環境省は、平成20年3月1日に丸ビルホール(東京都千代田区)で、水俣病の教訓を伝えるための普及啓発セミナーを開催する。時間は13時から17時まで。
 同省は、8年度から14年度まで、インドネシア、フィリピン、タイ、中国、ヴェトナムで「水俣病経験の普及啓発セミナー」を開催したほか、15年度からはこれらの国の行政官を日本に招聘しての研修事業、国内の教職員や学生を対象にしたセミナーを開催。水俣の経験を内外に広く伝える取組みを継続してきた。
 今回のセミナーは、教育関係者、環境・教育を学ぶ学生、NPO、環境問題に関心のある一般市民を対象にしたもの。
 プログラムとしては、(1)水俣市立水俣病資料館の語り部・永本 賢治さんと新潟県立環境と人間のふれあい館の語り部・近 四喜男さんによる講話、(2)新潟、水俣、東京で進んでいる教育実践・普及啓発の事業について、実践団体等からの事例発表が予定されている。
 参加希望者は事前にセミナーホームページの参加申し込みフォームかFAXにより登録することが必要。宛先は(財)水と緑の惑星保全機構(担当: 島田、遠藤、FAX番号:03−3433−4510)。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク