一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

鹿児島県の死亡野鳥におけるA型鳥インフルエンザ遺伝子検査が陽性に

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2020.11.18 【情報源】環境省/2020.11.17 発表

 環境省は、鹿児島県出水市で、オナガガモ1羽、スズガモ1羽の死亡個体が回収され、遺伝子検査を実施したところ、A型鳥インフルエンザウイルス遺伝子の陽性反応が出た旨の報告があったと発表した。
 この報告を受け、回収地点の周辺10km圏内を野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化する。
 
 なお、現時点では、遺伝子検査により陽性が確認された段階であるため、病性は未確定であり、高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたわけではない。

 引き続き、鹿児島県と調整の上、これまでに野鳥監視重点区域として指定済みの区域と併せて、野鳥の監視を強化する。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース