一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

川崎汽船、「アンモニア燃料船開発」の共同プロジェクトがグリーンイノベーション基金事業に採択

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2021.11.25 【情報源】企業/2021.10.26 発表

 川崎汽船株式会社は、伊藤忠商事株式会社、NSユナイテッド海運株式会社、日本シップヤード株式会社、株式会社三井 E&Sマシナリーの4社と共に、このたび、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した事業「グリーンイノベーション基金事業/次世代船舶の開発プロジェクト/アンモニア燃料船の開発」に共同で応募し、採択された。
 同プロジェクトは、IMO(国際海事機関)が掲げる温室効果ガス(GHG)削減戦略の達成に向け、各方面から代替燃料の候補として注目されるアンモニアを用い、2028年までの出来るだけ早期にアンモニア燃料船を日本主導で社会実装し、日本の海事産業がゼロ・エミッション船分野で長期に渡り優位性を維持出来る形を目指し、他国に先駆けて推進システム・船体開発、及び、保有・運航を行うもの。
【川崎汽船株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース