一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

大和ハウス、バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を2030年までに40%削減

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2022.07.05 【情報源】企業/2022.05.16 発表

 大和ハウス工業株式会社は、バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を2030年度までに40%削減する新たなカーボンニュートラル計画を策定したことを発表。

 同社グループでは、サステナブルな社会の実現のため、創業100周年となる2055年を見据えた環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」を策定し、グループ、グローバル、サプライチェーンを通じて「環境負荷ゼロ」の実現を目指している。このたび、事業活動やまちづくりなどの観点からバリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を2030年度までに2015年度比40%削減する新たなカーボンニュートラル計画を策定した。

 事業活動では、RE100(再エネ利用100%)の達成を当初目標の2040年度から2023年度にするとともに、2030年度の温室効果ガス排出量を2015年度比70%削減。まちづくりでは、2030年度までに建設および開発する全建物を原則ZEHZEBに切り替え、太陽光発電設備を搭載することにより、2030年度の温室効果ガス排出量を2015年度比で63%削減する。

 同社では、今後も幅広い環境活動を通じて消費者と共に新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が生きる歓びを分かちあえる世界の実現を目指していく、としている。
【大和ハウス工業株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース