一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

ローソン、環境省「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2022.08.05 【情報源】企業/2022.07.06 発表

 「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」は、環境省が実施している、ライトアップ施設や家庭の照明を消すよう呼び掛ける取り組み。同取り組みで、ローソンは7月7日(木)20時〜22時の2時間、ローソン店舗のポールサインおよび(または)ラインサイン照明を消灯することで消費電力を抑え、地球温暖化の原因となるCO2の削減を図るとともに、消費者とともに環境について改めて考えるきっかけになることを目指している。
 なお、ローソンでは、全国での節電協力要請を受け、7月1日(金)から全国のローソン店舗において節電の取り組みを実施している。

 【7月7日(木)実施:ライトダウンキャンペーンについて】
 実施期間:7月7日(木) 20時〜22時の2時間
 対象店舗:全国のローソン店舗 ※主旨に賛同し協力いただける店舗
 実施内容:上記時間帯にポールサイン、ラインサインなどの照明の消灯を実施

 ■「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」とは
 環境省が2003年から実施している、地球温暖化防止のためにライトアップ施設や家庭の照明を消すよう呼びかける取り組み。毎年、夏至の日(2022年は6月21日)から7月7日(クールアース・デー)までの間を啓発期間とし、夏至の日と7月7日両日の20時から22時までの2時間を特別実施日として、全国のライトアップ施設や照明の一斉消灯を呼び掛けている。
【株式会社ローソン】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース