一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

川崎重工、タイの二輪車工場で太陽光発電設備を導入

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2022.09.22 【情報源】企業/2022.08.22 発表

 カワサキモータース株式会社のタイ現地法人Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd.は、二輪車の製造工程におけるCO2削減の一環として、関西電力株式会社の協力のもと2国間クレジット制度を活用し、太陽光発電設備を導入した。

本設備は、出力5MWの太陽光発電システム(パネル数11,111枚)と550kWhの蓄電池システムで構成され、工場全体の電力消費量の約15%程度を賄う。これによりCO2排出量は年間3,500トンの削減効果を見込んでおり、タイにおけるCO2削減だけでなく、2国間クレジット制度により日本のCO2削減成果としても評価される。併設した蓄電池ピークカット効果などに活用しながら、今後同社ではより進んだエネルギーマネジメントを実施していく。

 川崎重工グループでは、今後もカーボンニュートラルの実現や環境問題に積極的に取り組んでいく、としている。
【川崎重工業株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース