一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

機関情報『わらべ山』の会

『わらべ山』の会 (『ワラベヤマ』ノカイ)【任意団体】

代表
099-2107 北海道 常呂郡端野町字川向866−2 山林館内
電話
0157-56-3838
FAX
0157-56-3804
E-Mail
rinnkann@beige.plala.or.jp
URL
http://www1.ocn.ne.jp/~kamui884

事業概要

活動分野
こどもの環境学習、身近な自然の保全、自然とのふれあい
目的
「今の子供」から「昔の子供」まで自然と共に生きる体験を通じ大地を学び守り育てることを目的として
【第2ふるさと造り】【森林ボランティア】を柱に活動します。
昔の子供…成人以上の方が山の手入れをする。森林・林道
     の整備、倒木・廃棄物を利用して遊具を作ります。
今の子供…昔の子供が手入れした山で遊びや体験学習を
     通して自然を学びます。
わらべ山…全国の山々と比較すると、山のこどもの様に
     小さな里山。
1年を通じ生成りの自然の中で世代を超えコミュニケーションが図られています。
事業概要
・原生林が生い茂るわらべ山は多くの野生生物が生息し〜自然と人が共に生きること〜をテーマとし実践活動によって環境を保全持続可能な地域づくりを進めています。
・自然体験活動では当会が特に力を入れている
【こども 夢旅行】を全国に呼びかけております。
《対象》全国の保育園、幼稚園、学校、子供の教育や育成を    行う法人又は団体の先生と子供のみ(親は一切付き添いません)
わらべ山までは飛行機等の交通機関を利用して来ていただき、そして2泊3日の自然体験活動を行います。この日の為に保育園等家庭では自分のことは自分でする練習を積み重ね、わらべ山では自然の中で“生きる力”を発揮させ自立心を養っています。この活動の一部始終をビデオに納め一人々に渡しています。
そうすることにより、記憶から記録としていつまでも残りわらべ山が第2のふるさととして位置ずけられています。    
主要成果物

運営

設立年
1900
管轄官庁・親機関
職員・スタッフ数
無給専従2人、無給非専従15人
年間予算規模
収入120万円、支出120万円(2001年度)
活動地域
主に端野町川向の「わらべ山」(里山)と近隣の国立公園

[『わらべ山』の会]今後のイベント

[『わらべ山』の会]これまでのイベント