環境情報クイズ
世界森林クイズコースTOPへ

解説

地球の肺

赤道直下を中心に広がる熱帯林は、高い二酸化炭素吸収量から「地球の肺」と呼ばれ、地球全体の炭素循環に重要な働きをしています。

中南米、アフリカや東南アジアの赤道直下を中心に広がる熱帯林は、高い二酸化炭素吸収量から「地球の肺」と呼ばれ、地球全体の炭素循環に重要な働きをしています。熱帯林全体が年間どれほどの二酸化炭素を吸収し、固定しているのかはっきりしませんが、熱帯林は生きている植物の現存量の50%以上を占めており、そこに貯蔵されている炭素の量は膨大なものだということができます。

前のページへ戻る

EICネット
TOP