一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 30%クラブ

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

30%クラブ

サンジュッパーセントクラブ   【英】Thirty Percent Club  

解説

1984年、カナダのオタワで「酸性雨に関するカナダ・ヨーロッパ環境大臣会議」が開催された。そのとき、SOx排出量を30%以上削減する協定に署名したメンバーを30%クラブという。最初のメンバーの10カ国中、30%削減を宣言したのが、スウェーデン、オーストリア、フィンランド、スイス、40%削減はオランダ、デンマーク、そして50%削減を公約したのはフランス、旧西ドイツ、カナダ、ノルウェーである。

その後、旧西ドイツの主催で東西欧州31カ国の環境相クラスが参加した「環境に関する多国間会議(通称:東西環境会議)」が招集され、同クラブへの加盟招請が行われた結果、クラブ員は旧ソ連、旧東ドイツなどが加わり21カ国にまで増加した。こうして30%クラブは欧州の一大勢力になり、その主張が追認される形で、1985年ヘルシンキ議定書が正式に採択され、1987年発効した。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト