一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 施業放棄森林

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

施業放棄森林

セギョウホウキシンリン   【英】Forest which needs Silvicultural Prescription  

解説

林業の用語として定着しているものではないが、一般的に、必要な施業が実施されていない森林を指して使われる。これら森林の代表的なものを例示すると、人工林のうち、間伐等の保育作業が実施されず、過密となり林床植生の消失、土壌の流亡が見られるような森林や、里山といわれるアカマツ林、コナラ林等の二次林で、適度な伐採や下刈りが行われないため、マツ喰い虫被害の進行や低木類、タケ・ササ類の侵入・繁茂により樹木の更新が阻害され、また、生物多様性が低下している森林を挙げることが出来る。このような状態の森林は、国土保全、環境保全等公益的機能の面からも早急な施業の実施が必要とされている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト