一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 待機電力

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2019.06.27

待機電力

タイキデンリョク   【英】Less Energy Consumption when on Standby  [同義]待機消費電力  待機時消費電力 

解説

家電製品などで、時刻・温度・時間などのモニター表示や内蔵時計、各種設定のメモリーの維持などのために常時消費されるスタンバイ電力をいう。

微弱であるとはいえ、一説によると、家庭消費電力の10%以上が待機電力で消費されているといわれる。待機電力は、家電製品では、リモコンではなく直接主電源の電源を切るか、もしくは徹底するならばコンセントを抜くことにより不必要な電力消費を抑えることが出来る。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト