一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 多自然型川づくり

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

多自然型川づくり

タシゼンガタカワヅクリ   【英】Neo-Natural River Reconstruction  

解説

治水上の安全性を確保しつつも、生物の良好な生息・生育環境をできるだけ改変しない、また、改変せざるを得ない場合でも最低限の改変にとどめる、とする自然環境に配慮した河川工事。

具体的には、種の多様性が確保できる河川環境の保全・復元、河川の上下流方向や横断方向等の連続性のある環境の確保、その川に相応しい生物の生息・生育環境の保全・復元等を目標としている。

国土交通省が所管する河川整備事業のひとつで、1990年に創設された。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト