一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 脱ダム宣言

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

脱ダム宣言

ダツダムセンゲン  

解説

2001年2月に長野県知事・田中康夫氏は、多大なダム建設費用、維持費用と同時に、地球環境上看過し得ぬ負荷を与えるコンクリートによるダムの建設を中止し、100年、200年先の我々の子孫に残す資産としての河川湖沼の価値を重視したいと訴える「脱ダム宣言」を発した。

長野県では、これを受けて「長野県治水利水ダム等検討委員会」を設置し、ダム建設の是非を個別のダムごとに検討することとなった。なお、この検討結果は「答申」の形で知事に提出されている。

この「脱ダム宣言」は公共事業の見直し論ともあいまって、全国的に大きな反響を呼んだ。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト