一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 日本版マスキー法

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

日本版マスキー法

ニホンバンマスキーホウ  

解説

1970年に米国民主党のマスキー上院議員(E. S. Muskie)が提案した「1970年大気清浄法改正法案」(いわゆるマスキー法)と同等の削減を求めた日本の自動車排出ガス規制。

ガソリン乗用車の一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物の排出を当時の10分の1まで削減するという技術的にも厳しい内容であった。

米国では自動車メーカーの反対からその実施が大幅に後退していくなかで、日本では1978年に当初の目標どおり規制が実施された。(53年規制)

このときのエンジン技術の研究開発が、その後の日本車の低燃費、信頼性向上に役立ったといわれている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト