一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 和白干潟埋立計画

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.15

和白干潟埋立計画

ワジロヒガタウメタテケイカク   【英】Reclamation Plan of Wajiro Tidal Flats  

解説

福岡県・博多湾の東奥部にある面積約80haの干潟干潟の形態としては前浜干潟。和白干潟に近接して、人工島造成のための埋め立て事業が進んでおり、自然環境への影響が懸念されている。

干潟は、湾内への流入河川によって運ばれた砂泥が堆積した干潟。博多湾は、大陸から朝鮮半島、九州を経由する渡り鳥のルートと、日本列島を南北に経由する渡り鳥のルートが交差する位置にあるため、渡来する鳥類の種類数は日本有数であり、国際的にも渡り鳥の中継地として重要視されている。干潟の保全を目的とした市民団体があり、自然観察会や干潟の重要性を市民にアピールするなど様々な活動を展開している。

2003年11月、国指定の鳥獣保護区に指定された。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト