一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ブルー・ツーリズム

作成日 | 2009.10.14  更新日 | 2009.10.14

ブルー・ツーリズム

ブルーツーリズム   【英】blue-tourism  

解説

島や沿海部の漁村に滞在し、魅力的で充実した海辺での生活体験を通じて、心と体をリフレッシュさせる余暇活動の総称。国土交通省(旧国土庁)、水産庁が「漁村滞在型余暇活動」(ブルー・ツーリズム)として推進している。

ブルーツーリズムは、海辺での新しい余暇活動を提案するとともに、それらを通じて、(1)都市住民との交流、(2)地域住民自らが地域に誇りを持つこと、(3)新たなサービス産業の創出や地場産業の育成、(4)国民の海の利用におけるルール遵守とマナー向上、を目指している。

漁業体験、漁村の生活体験、海の自然観察を中心とした様々なメニューが各地の海辺で企画され、実施されている。

海に特化したエコツーリズムの一形態とも言える。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト