一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 第三国研修

作成日 | 2009.10.15  更新日 | 2015.01.23

第三国研修

ダイサンコクケンシュウ  

解説

開発途上国が、先進国のドナーや国際機関の支援を得て、他の途上国の研修員を受け入れて開発の経験のノウハウや取得した技術の移転を行うこと。開発途上国の経験、人材と資・機材等を活用しようとするもので、環境分野においてはこれまでに実施したいわゆる「センタープロジェクト」の成果から、その人材、資機材を活用して、周辺国等の研修生を受け入れ、環境技術、受入国の経験やノウハウなどの研修・移転が行われている事例がある。第三国研修について、言語・歴史・文化・自然的条件・経済的発展段階等を共有するような受入国と研修生の間で研修・技術移転が行われる場合に、より効率的、効果的な研修となる可能性があるし、受入側においてもさらに技術力を高めることができる可能性がある。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト