一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 熱帯乾林

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

熱帯乾林

ネッタイカンリン   【英】Tropical Dry Forest  [同義]サバナ林  熱帯サバナ林  熱帯サバンナ林 

解説

熱帯の乾季、雨季のある地域に広く分布する樹林の総称で、熱帯の一形態をなす。熱帯の乾燥地域に発達する森林であることから、熱帯乾林、熱帯乾生林、熱帯サバンナ熱帯サバナ林サバナ林などと呼ばれる。東南アジアに分布する熱帯季節風林熱帯モンスーン林)はこれには含めない。植生の分類ではサバンナ熱帯草原)に含めることが多い。

一般に樹高は20m以下の場合が多く、樹冠は丸型や傘型など独特なものが多い。林床は熱帯草原となり、背の低い高木が散生し、樹冠も連続しない。乾季には落葉し、林床植生も地上部は枯れる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト