一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 コペンハーゲン合意

作成日 | 2010.06.10  更新日 | 2012.05.30

コペンハーゲン合意

コペンハーゲンゴウイ   【英】Copenhagen accord / Copenhagen agreement  [同義]コペンハーゲン協定 

解説

2009年12月に開催された、第15回気候変動枠組条約締約国会議 (COP15)において承認された取り決め。

紛糾した議論の末、「合意する」ではなく「留意する」とされた同合意は、賛同する締約国のみが参加する方式となり、正式な位置づけはUNFCCC(気候変動に関する国際連合枠組条約、United Nations Framework Convention on Climate Change)外の文書となる。

その内容は、(1)地球の気温の上昇を2℃以内に抑えること。(2)先進国は2020年までに削減すべき目標、途上国は削減のための行動をそれぞれ決めて、2010年1月末までに提出すること。(3)先進国の削減目標と、途上国の削減行動の結果は、COPによって確立される(既存も含む)ガイドラインによって、測定、報告、検証(MRV)がされること。(4)途上国の温暖化対策を支援するため、先進国合同で2010-2012年に300億ドルと、2020年までに毎年1000億ドルを支援動員の目標とすること。以上の4点が主たる内容として盛り込まれた。コペンハーゲン協定とも言う。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト