一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 環境保護法【カナダ】

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.16

環境保護法【カナダ】

カナダカンキョウホゴホウ   【英】Canadian Environmental Protection Act  [略]CEPA  

解説

カナダの環境政策の中心となる法律で、1988年に制定された。同法は、有害物質の指定と規制に重点を置き、有害物質をリストアップし、その使用・放出・輸出入等について規制を講じるよう政府に求める。また、環境中への有害物質の放出を防止するとともに、放出された場合の原状回復義務についても規定する。1999年の改正では、特に、難分解性、生体蓄積性有害物質対策を強化することなどが盛り込まれた。

この他、市民参加、遺伝子組換製品の規制、廃棄物処理、緊急事態への対応、執行などに関する規定が置かれている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト